Date

必ず結婚できるとっても不思議な婚活ブログ

彼氏との結婚を望むあなた、お相手はまだ見つからないけど結婚を急ぎたいあなたに。結婚をするまでの道のりをエスコートする、とっても不思議な魔力を持つブログです。次にバージンロードを歩くのは、あなたです。
Breast Cancer Ribbon

困窮的生活から脱すると結婚が身近になる理由

posted by:
Nayuta
Sponsored Link


一部に明るい兆しが見えるかのような日本経済ですが、実際には多くの方が苦しい生活を強いられているようです。しかしこれ、実は当然の事ともいえます。なぜなら、日本の実質所得は、なかなか浮上することなく、ここの所右肩下がり状態を続けているからです。

ちなみに、実質所得とは、物価の変動を考慮した上で補正した所得をいいます。たとえば、収入が昨年よりも上昇したとしても、物価や税額などがその比率を超えて上昇してしまえば、収入の上昇分が相殺されるのみならず、逆にお金が足りない状況を招くことになります。つまり、生活がより苦しくなるわけです。そして、日本の実質所得が低下傾向にあるということは、つまりは日本国民の多くが貧乏に向かって静かに移行している状態をいうわけです。

全体の傾向として実質所得が低下しているわけですから、この大きな流れに巻き込まれるのは当然のことであり、大きく給与が上がらなければ、当然のこと生活は苦しくなるわけですね。

さて、このような状況下において、一人で生きる女性の中には、生活に困窮している方もまた、増加傾向にあります。ところが、生活に追われていると、どうしても婚期を逃すなどの副作用が生じる場合もあります。つまり、生きることに必死であり、とても恋愛をしたり結婚相手を見つけるといった余裕がないわけです。でもこれでは寂しすぎますよね。

ということで今回は「困窮生活から脱すると結婚が身近になる理由」というお話をしたいと思います。実は困窮生活からは、誰もが抜け出すことができるものです。ただしこれには、ちょっとした意識改革と、生活環境の改善が必要とされます。逆に申し上げるなら、これらをクリアすることができれば、困窮生活からは誰もが抜け出すことができるというわけです。

もし日々の生活に追われた状態にあなたがあられるのであれば、是非ともこれを参考として、苦しい生活から脱し、幸せな人生へとシフトしていただければと思います。それでは早速始めることにしましょう。

さて、あなたの現在の年収はどのくらいでしょうか。一般的には年収200万円以下の方を働く貧困層と呼びます。女性の場合、ある程度の学歴やスキルがないと、高い給与を得ることが難しいことから、年収200万円以下での生活を余儀なくされている方は少なくないとききます。

しかしもしそんなあなたが、一人暮らしをされていらっしゃるのであれば、ちょっとした意識改革や環境整備によって、困窮状態から脱することはできるものです。

さて、ではなぜ困窮状態なのでしょうか。

「何故?収入が少ないからに決まってるでしょ」

ですよね。確かに収入が少ないと、生活は苦しくなりますものね。では、苦しい生活から脱するためには、どのような方法があるでしょうか。

「当然、収入を上げることだよね」

そうですよね。改めて問うまでもなく、収入が少ないが為の困窮であるならば、その収入が上がれさえすれば、それだけで問題は解決するはずです。実に簡単な論理です。

ところが、論理としてはとてもシンプルであるにも関わらず、なかなかそこから脱することができないのは何故でしょうか。これについても、改めてお答えいただくまでもありません。所得を上げると言うことは、実質経済が低下傾向にある現状において、そんなに簡単なことではないわけです。

年収を容易に挙げることができないとなれば、別の手段を考えるしかなさそうです。

「別の手段?え~そんなのないよ~」

そう思われますか。でも実はもうひとつだけ方法がします。それは、支出を減らすための環境整備をすることです。つまり、お金が掛からない環境を作り上げるわけです。

「無理だよ。今だって足りないのに、それ以上の節約なんてできないよ~」

環境整備は節約とはちょっとニュアンスが異なります。環境整備においては、まず固定費の徹底的な検証と削減を行います。

一人暮らしの場合、固定費の最も高額な項目として家賃があろうかと思います。あなたの現在の家賃はいくらでしょうか。ちなみに家賃が月収の30%を超えている場合、生活が苦しくなると言う数値があります。あなたの場合はいかがでしょう。たとえば手取り20万円の場合、家賃に拠出できる最大金額は6万円です。これを超えている場合は、家賃をさらに下げる取り組みが必要となることでしょう。

とはいえ、女性の場合はあまり劣悪環境に住むことは難しいでしょう。そこでルームシェアを取り入れるなどの取り組みにより、家賃を下げることができないかを考えます。ちなみに家賃9万円3Kの賃貸マンションを3人でシェアすれば家賃負担は3万円で済むことになります。また、公共料金負担も軽減することができることでしょう。ちなみに今の住まいが家賃8万であったと仮定するとこれだけで月5万、年間60万もの節約になります。公共料金の削減も含めると、たぶんは70万円程度の削減が可能なはずです。

また、次の固定費負担で大きいのが、スマホ代金かもしれません。生活は苦しいものの、毎月のスマホ代に1万円程度かけている女性は意外に多いものです。しかし格安SIMへと変更すると、月3000円程度での利用が可能となります。すると月7千円、年間8万4千円のコスト削減です。

いかがでしょうか。固定費だけで年間80万円程度の削減が可能となりました。

さらには、コンビニの利用や外食などをやめるだけで、月3万円程度を削減できることがあります。また、買い物をする際には、それが生きていく上で不可欠なものであるかを
しっかりと考え、無駄な出費を抑えると、さらに3万円程度の出費を減らすことができるというデータもあります。つまりこれで月6万円、年間72万円もの節約になります。

単なる試算ではありますが、年間実に150万円程度の節約に成功するわけです。少々驚くべき数値ですよね。まあ実際にはこれほどの削減は難しいかもしれません。でも年間100万程度であれば、環境を整備しさえすれば、実現することはさほど難しくないものです。これをすべて貯蓄へと回します。

もともとお金が足りなかった方が、環境整備をすることで年100万円を残すことに成功し、しかもそれを貯蓄として積み上げることができるなら、たとえば独身の5年間のみで500万円を得ることになります。これは生活に困窮している状態ではありませんよね。

つまり年収以下の生活を目指し、それによって浮いたお金を貯蓄へと回しておくという意識さえしっかりとすれば、それだけで困窮生活からは抜け出すことができるわけです。

さて、生活に余裕が出れば、それだけで結婚を意識することができるようになります。つまり、結婚に向けた男探しができる状態となるわけです。

心にゆとりを持つことができれば、それだけで人生を楽しむことができるようになります。無駄なお金を使うことはできなくなるかもしれません。でも、使わなくても良い生活さえ作り上げることができれば、その後のあなたの人生には、ある種の余裕ができはじめ、恋愛へと心を向けることができるようになります。

するとそんなあなたの変化を、周囲の男が気付かないはずはありません。

「ねえ、今度夕食でもいっしょにどう?」

ほらほら、戦略にかかり始めました。あなたの変化に気付いた男が、声をかけ始めるようになったわけです。あなたは、結婚に向けた行動を開始しましょうね。大丈夫、きっと素敵な結婚を手にすることができるはずですから。

なお、結婚後の資産形成については、この続編としてご紹介することにします。これまで抜け出さすことができないと考えていた苦境から抜け出すのみならず、豊かな生活を始めることができることに、きっとあなたは驚くことでしょう。

一度だけの人生です。どうか、頭を抱えることなく明るく楽しむことのできる、充実した人生へとシフトしていっていただければと思います。

 

Sponsored Link


hr