Date

必ず結婚できるとっても不思議な婚活ブログ

彼氏との結婚を望むあなた、お相手はまだ見つからないけど結婚を急ぎたいあなたに。結婚をするまでの道のりをエスコートする、とっても不思議な魔力を持つブログです。次にバージンロードを歩くのは、あなたです。
Breast Cancer Ribbon

釣った魚に餌をやらない男の見極め

posted by:
Nayuta
Sponsored Link


恋人同士であった頃は、とても紳士的で優しかったのに、結婚をしてしばらくしてからは、別人のようにつめたく、無口になってしまう男性がいます。

このような男性に、なぜそこまで対応が変化するのかを聞いてみると、多くの場合、以下のような答が返ります。

「別段妻に対する愛情がなくなったわけではありません。でも、結婚したわけだし、恋人同士のように愛を語る必要はないかと。それに夫には生活を維持する責務もあります。甘い夢からは脱却する必要があるわけです」

随分と難しいコメントですが、ようは、仕事もあるし生活もしていく必要があるため、改めて愛を語る必要はないという意味合いのようです。

でも、これでは女性はたまったものではないはずです。女性は年齢や状況変化などに関係なく、常に愛する男性とは、愛を語り合いたいものだからです。

今後の長い人生を、そして結婚生活を、夫と楽しく過ごすためには、あらかじめこのような人間を選択しないことが重要となります。また、既におつきあいをしている男性に、このような傾向が見られるのであれば、男性がそうならないような措置を講じておく必要があります。

今回は、そんな予防と対策についてお話ししてみることにしましょう。

 

 

まず最初に、結婚を境に、態度が冷たくなる可能性のある男性を見極める方法から説明していくことにしましょう。

本来、相手がそうであるか否かについて明確に知るためには、当人に聞いてみることが早いのですが、「結婚したら無口で冷たくなる?」なんてなかなか聞けませんよね。また、当人でさえ、結婚後に自分がどような夫となるかの想像がついていないことが少なくありません。つまり、本人でさえわからないのです。

「本人にさえわからないことなのに、私が見極めることなんか、できるの?」

実はそれができるのです。

恋人同士の頃にとても優しかったものの、結婚後に冷たくなる男性には、ある程度ではありますが、共通点が存在します。この共通点を把握することで、結婚前にある程度、彼氏の特性を見切ることが可能となります。

人は、外的なものとの接触やその扱い方に一定のパターンを持っているものです。それは、人であれモノであれ、ほぼ同様の傾向を示します。

たとえば、身の回りの自分のモノを、大事に使う人もいれば、粗末に使う人もいることでしょう。また、一時期とても気に入っているといっていたものの、すぐにそれに飽きてしまい、別のモノに興味を示すことを繰り返す人もいます。

そしてこれらモノに対する扱い方と、人に対する接し方には、同様の傾向を見ることができるものです。ですから、彼氏が結婚後に妻となったあなたにどのように接するかについては、彼氏が身の回りのモノを、どのように扱っているかを観察することで、ある程度の傾向を見切ることができることになります。

ところで、あなたは彼氏のお部屋にお邪魔したことがありますか?

「うん、まああるけど」

この際に、部屋がきれいに片づいており、しかも必要な物が効果的に配置されているのであれば、彼氏の物の扱いに関するポイントは高いといえます。人に対しても、紳士的に接し、そして、一度築いた人間関係は、末永く大切にしようとするはずです。また、家庭内においても、同様に振る舞う傾向にあるはずです。つまり、結婚後も家庭を盛り上げる存在で居続けてくれる可能性が高いということです。

一方、多くの物に溢れており、しかも積み上がるものの多くには埃がかぶっているという状況である場合、ひとつの物に長い時間執着できないことから、恋愛のひとときは優しく接してくれたとしても結婚後には興味対象が別のものや人へと移行してしまうリスクがあることでしょう。

「困った。私の彼氏、もろ後者だわ」

そんな場合でも、予防策はあります。ご安心を。

次に、結婚してから急に冷たくならないように、あらかじめあなたが施すことのできる予防策について話を進めることにしましょう。

家庭内において夫が無口になるのは、夫と妻との間に、共通の話題がない場合に発生するようです。妻は夫が不在の時の出来事を夫に話すことで共有したいと願います。しかし夫の場合、仕事で頭がいっぱいになっていると、それを聞くだけの余裕をもてません。さりとて、仕事のことを妻と共有したいとは思わないことから、日々すれ違いが発生します。このすれ違いが日々続くと、次第に夫は取り立てて話したいこともないことから無口になっていくのです。

よって夫婦間においては、妻の日々の出来事、夫の仕事の事以外の共通の話題を用意しておく必要があります。

「共通の話題?」

ええ。方法は多岐に渡って存在します。

たとえば、同じ趣味を持つことです。人は、自分が好きなことについては、多くの知識を有しているはずです。また、その知識を人と共有したいと思うのもごく自然の流れです。よって、趣味を共有しておけば、結婚後も話題に事欠く心配はなくなるはずです。同様の趣味が見つからないのであれば、休みの日に出かける場所を共有するというのはいかがでしょう。たとえば週末には必ずふたりでジムに出かけるとか、ジョギングをするなどはいかがでしょう。
また、将来の夢を共有することも、夫婦間のコミュニケーションを活性化するのに役立ちます。夢を具現化するには、それなりの準備が必要になります。そしてその準備段階におけるさまざまな事柄を共有することになるため、話題には事欠かなくなるわけです。
さらには、趣味や夢から派生させたコミュニティにふたりで参加し、共通の友人を多く持っておくことで、共通の話題は飛躍的に増えるはずです。人それぞれに人生があり、それはドラマよりも意外性に満ちています。ですから、ふたりの数多くの友人が、日々多くの話題を提供してくれることになるのです。

いかがでしょうか。

結婚してから、夫が無口になり、そして冷たくなっていくことをあらかじめ予見し、もし、そんな可能性を感じるのであれば、今からでも遅くはありません。これら、夫婦のコミュニケーションを活性化するための戦略を講じ、是非とも末永い幸せを手にしていただければと思います。

Sponsored Link


Comments are closed.