Date

必ず結婚できるとっても不思議な婚活ブログ

彼氏との結婚を望むあなた、お相手はまだ見つからないけど結婚を急ぎたいあなたに。結婚をするまでの道のりをエスコートする、とっても不思議な魔力を持つブログです。次にバージンロードを歩くのは、あなたです。
Breast Cancer Ribbon

絶対に口にしてはならない言葉とは

posted by:
Nayuta
Sponsored Link


彼氏との結婚が決まりましたか?おめでとうございます。
さて、あなたは彼氏との結婚生活を、末永く幸せに続けたいと考えていらっしゃるでしょうか。
と、結婚が決まったあなたに対しての質問としては、あまりに愚問ですよね。ごめんなさい。

現在では、結婚されたふたりの中の実に30%近くの方々が、離婚を経験されることになります。結婚といえば、子供を育て、家族を作り上げる生涯をかけた事業ともいえるものです。また、二人の愛を確かめ合いつつ、生涯の伴侶であり友でもあるパートナーと、幸せに人生を歩いていくための起点ともなるもの。誰だって最初から離婚など考えていないはずですよね。でも、結果として二人の関係に、その後、何らかの亀裂が生じてしまうのです。
さて、あなたには、そんな不幸な体験をしていただきたくはありません。
実は、結婚生活を生涯に渡って幸せに続けるためには、いくつものコツや注意点があるものです。今回は、そのひとつ、パートナーである彼氏に対して、絶対に口にしてはならない言葉、というものを考えてみたく思います。

 

 

離婚原因はさまざまですが、その中でも目立つ要因として、旦那の浮気が挙げられるはずです。
「本当に男って浮気性だよね。それが妻としての私の心配事のひとつ」
あなたはそう心配されていらっしゃるかもしれません。
しかし夫が浮気をするまでに至る要因を詳細に調べていくと、実は浮気以前、夫婦の関係に亀裂が生じ始めていることがすくなくありません。ちなみに浮気が原因で離婚にまで至った男性に、何故浮気をしたのかを問うと、そこには、以外にも奥さんに対する怒りにも似た感情に行き着くことがあるのです。
「確かに浮気は悪かったと思います。でも、日々妻からあんな対応を受けたら、誰だって家になんか帰りたくなくなりますよ。まあ、今となっては単なる言い訳なんですけどね」
確かに彼の言動は言い訳がましくはあります。しかし浮気の起点となった要因が明確となれば、あなたはそれを未然に防ぐことで、幸せな結婚生活を、生涯に渡って続けていくことができるはずです。
実は、男性が浮気に走る切っ掛けとなる妻からの言葉が、存在するのです。よってあなたはこれから紹介する言葉を、彼氏、もしくは旦那さんには使わないようにしてくださいね。

他の部分でご紹介しましたが、男性は女性に選ばれた存在であり続ける必要があります。男性は自ら子供を産むことができないため、女性に選ばれなければ、子孫を後世に残すことができないからです。よって男性は女性から「あなたは選ばれし男ではない」と通告されることを恐怖します。また、その宣告を受けた段階で、本能的に対象を別の女性に切り替える準備を始めることさえあるのです。

それでは実際に、そんな通告に相当する言葉を紹介していくことにしましょう。

1)学歴について

「あなたは高卒だから」「あなたは三流大学しか出ていないから」などといった女性からの言葉は、男性のプライドを傷つけるパワーを持ちます。仮にその男性と別れたいと考えているのであれば、これらの言葉は効果的に機能するはずです。しかし、自分の夫にこれをいうのは高いリスクとなります。そんなことは十分に知った上で、それでも彼を愛して結婚をしたわけです。また、学歴が低いことは、彼とて十分に理解しているはずです。この部分を、直接愛する妻から指摘されるのは、とてもつらいことです。

2)肉親や親戚の悪口

結婚をすると、夫との肉親や親戚ともおつき合いも深まることになります。あなたと同様に、夫にとって夫の肉親や親戚は、大切な血のつながった血縁者であり、その対象の悪口は、誰でも気分の良いものではありません。
「あなたのお母さん、バカじゃないの?」
などといおうものなら、自分の一族をバカにされたように、旦那さんは受け取ることでしょう。あなたはあまり意識しなかった一言であっても、必ず旦那さんの心を傷つけることになります。また、その傷は長いこと、旦那さんの中に残ることになるでしょう。そんなとき、旦那さんを優しく包むような素敵な若い女性に知り合ったとしましょう。その結末がどうなるかは、あなたにも容易に想像できるはずです。
なお、嫁姑問題も、結婚にはつきものといえます。このため、悪口をいいたくなるあなたの気持ちも十分に理解できます。なにか問題が生じたのであれば、悪口ではなく、その問題を解消するための会話を、旦那さんと持つスタンスが不可欠となります。

3)年収の低さを叱咤する

「あなたの甲斐性がないから、私や子供たちが苦労するのよ」
これもまた夫にとっては辛い一言となります。夫が働かずにブラブラと遊んでいるのであれば別ですが、毎日勤めに出て頑張っている夫であるならば、この言葉は深く傷つく一言となるはずです。
「いっそ仕事などやめてやろうか」
こんなことを考えられても困ります。
男は、かなり高齢となるまで、子孫を残す能力を有しています。たとえ子供ができたあとであっても、他の女性を求めるリスクはあります。
結婚とは、楽なことばかりが巡ってくるわけではありません。ときには家族全員で踏ん張らなければ乗り越えることのできない苦境に遭遇することさえあります。しかしこんな時にこそ、皆が心をひとつにもって乗り越える必要があることを、心の片隅に留めていただければと思います。

4)チビやハゲなどの指摘

仮に夫が太っているのであれば、そしてそれが病気を原因としたものでないのであれば、ダイエットに取り組めばよいので、妻から指摘されたとしてもさほど傷つかないものです。
しかしチビやハゲについては、自分ではどうにもならない部分でもあります。実はハゲについては、最近では皮膚科などでお薬を処方してもらうことで改善することもあります。
ただ、あからさまに愛する妻からこれらの言葉をぶつけられるのは、夫として辛いものです。

いかがでしょうか。これらを禁句として結婚生活を送ることで、あなたが幸せな結婚生活を続けることができる確率を上げることができるのであれば、実行してみようとは思いませんか。

「彼だって同じような悪口をいってくるんだよ。私だけ我慢しろっていうの?」

そうですよね。でも、だからとあなたがそれに応戦していては、幸せな結婚生活を続けることはできません。もし彼があなたを傷つける言葉を言ったなら、あなたはこのように彼を諭してみてはいかがでしょう。

「あなたは私の夫ではないの?あなたは私を守らないの?もしそうなら、私はあなたの子供を産むことはできないよ。だからお願い。私にそんなことは言わないで」

結婚当初にそんな言葉を投げかけておけば、たぶん彼は言動を改めてくれるはずです。
また、もしそれでもあなたを傷つける言葉を頻繁に使うようなら、あなたは一度、彼から離れてみるのもよいでしょう。
互いに愛し合うという事は、互いに傷つけあうことと大きく異なることを、ふたりの会話の中で確認しあうことも、幸せな結婚生活を続ける上では、とても重要なことといえそうです。

Sponsored Link


Comments are closed.