Date

必ず結婚できるとっても不思議な婚活ブログ

彼氏との結婚を望むあなた、お相手はまだ見つからないけど結婚を急ぎたいあなたに。結婚をするまでの道のりをエスコートする、とっても不思議な魔力を持つブログです。次にバージンロードを歩くのは、あなたです。
Breast Cancer Ribbon

あなたが結婚を望む目的は何ですか?

posted by:
Nayuta
Sponsored Link


突然ですが、あなたが結婚を望み、そして結婚をする目的は何ですか?

もし、いま、彼氏があなたの隣に寄り添っているのなら、ふたりでそんなことを考えてみるのもよいと考えます。

「え?それはふたりが愛し合っているからに決まってるよ~」

そうですよね。愛し合うふたりは、常に一緒にいたいものです。ですから、そのふたりが結婚をし、生活をともにするのは、至極当然のことであり、これに関してボクも異論はありません。

でもね。結婚そのものを目的として結婚したふたりは、離婚率が高くなるというデータがあることをご存じでしょうか?

「離婚?なにそれ~」

今回は幸せな結婚をして、なおかつ、その幸せな結婚生活を、生涯続けるためのちょっとしたコツをお教えすることにしましょう。

いがかです?お知りになりたいですか?

 

 

「おふたりの結婚の目的は何ですか?」

随分ストレートな質問ですよね。この質問を、超ラブラブなカップルに投げかけてみると、多くの場合、すこしだけ考えた後に、

「だって、ふたりは愛しあっているから」

という答が返ります。そしてふたりは見つめ合い、「うふふ」と笑います。
設問は、「目的」であるわけですが、答は「愛し合っているから」という現状が返っています。冷静に考えると少々おかしな答であるわけですが、細かい点は、ふたりの愛に免じて目をつぶることにしましょう。

ただ、このような答の場合、目的は「結婚」であることが少なくありません。つまり、結婚の目的は、結婚にあることになります。

「でも、深く愛し合っているふたりが結婚をするのって、おかしくないよね」

確かに。でも、結婚とはこれからの長い人生における起点となるものです。
つまり、ふたりで走る長距離マラソンのスタートラインが結婚であるわけです。でも、ふたりで走る長距離マラソンの目的が、スタートラインに立つことである場合、スタートラインに立った瞬間に、目的を失うこととなります。

そしてその瞬間、ふたりで走ることができなくなる自体に陥ることさえありうるのです。

実際にこのようなトラブルは多く目にしています。

「愛は盲目」といいますが、ふたりの愛の終着点を結婚をすることのみに置いている場合、もしくは、結婚後のことを何も考えていない場合、結婚をした瞬間に、何をしてよいかが、見えなくなってしまうことがあるのです。

結婚をするまでの間は、日々愛し合い、そして結婚をしてともに生活を始めることのみにターゲットが絞られています。ですから、ふたりはそこに向かって準備をし、語らい、そして歩みをすすめるのです。それ自体は至福の時間の連続であるはずです。

でも実は、重要なのは、ともにスタートラインに立ってから、どのようにふたりが生活をしていくかであるはずです。

ですから、あなたと彼氏は、結婚までの甘い時間を過ごすとともに、スタートラインに立った後の目的についても、充分に語らうことが重要になります。

さて、そのうえで、あなたとあなたの彼氏に質問です。

「結婚の目的は何ですか?」

「ずっとふたりでいたいから」
「ずっと仲良しで暮らして~子供ができて、そしたらみんなで素敵な家族を作って~」
「子供は最低3人は作りたい。子供作りも目的のひとつね」
「眺めのいい丘の上に、白い家を建てたいね」
「年に一度くらいは、海外に遊びにいきたいな。結婚したからってこれまでのふたりの楽しみはやめたくないし」
「子供は絶対野球選手にする。俺の夢だったけど、かなわなかったから」
「ねえ、大きなキャンピングカー買って、家族で旅しない?」
「俺、頑張って起業する。君を社長夫人にしてあげる」
「年老いてからもふたりで仲良く、公園なんか散歩してたいな~」

先のことは、考えてみれば、いくらでも出てくるものです。
あなたは結婚前に、彼氏とともに、ぜひ結婚の目的を、生涯にわたって考えてみてください。
すると、ふたりだけの、とっても楽しくてわくわくする生涯の計画が立ち始めるはずです。

そして、それがふたりの夢となったなら、実は、結婚という目的のみならず、結婚からスタートするふたりの生涯の目的が見えてくるはずです。

ふたりは素敵な結婚をすることでしょう。しかも、その時点で、結婚を起点として、ふたりがどのように生きていくかのライフ設計のアウトラインを共有していることでしょう。

この状態にまで高めておけば、あなたと彼氏は、力強く、ふたりで人生を歩んでいくことができるはず。

是非とも、彼氏とともに、語り合ってみてくださいね。
その夢をふたりが共有できはじめているなら、ふたりの離婚率は、限りなくゼロになるはずですから。

がんばってね。

Sponsored Link


Comments are closed.