Date

必ず結婚できるとっても不思議な婚活ブログ

彼氏との結婚を望むあなた、お相手はまだ見つからないけど結婚を急ぎたいあなたに。結婚をするまでの道のりをエスコートする、とっても不思議な魔力を持つブログです。次にバージンロードを歩くのは、あなたです。
Breast Cancer Ribbon

ドメスティック・バイオレンスのリスク

posted by:
Nayuta
Sponsored Link


恋愛対象であった彼氏を、結婚対象として考えたとき、場合によっては、恋愛対象の際にも、リスクに直面することがあります。ドメスティック・バイオレンス の存在です。

ドメスティック・バイオレンス(domestic violence)とは、同居関係にある配偶者や内縁関係の間、恋人などの近親者間に起こる暴力をいいます。

今回は少々重い項目ですが、あなたが今後、幸せな結婚生活を生涯続けていきたいのなら、この要素は、必ず排除しておく必要があります。

ドメスティック・バイオレンスは、児童虐待へ移行することもあり、あなたや子供の生命の危険にさえ直面しかねない大きなリスクとなることがあるからです。

なお、ドメスティック・バイオレンスは、突然大きなリスクとして発生するのではなく、必ず兆候があるものです。ですからあなたは、その兆候を的確に捉えるとともに、ドメスティック・バイオレンスへ発展しないように、その芽を完全に摘んでおく必要があります。

今回はその点についてふれてみたいと思います。

 

 

あなたの彼氏は、あなたに充分優しいでしょうか。

「うん。とっても優しいよ」

では、彼氏に気に入らないことがあると、近くにあるものを投げたり、蹴ったりするなどの傾向はあるでしょうか。喧嘩の時に、それまでの優しさとは異なる形相で、大声をあげ、暴言をあなたに浴びさせたり、時に暴力的な行動に出ることはありませんでしょうか。
さらには、周りの環境や人々について数多くの批判を続けたり、あなたの身体的な欠陥に言及することはありませんか。

人は誰も、自分の気に入らない事に直面すると、腹を立てるものです。時にモノにあたってしまうこともあります。でも、その多くは、人への暴力へ向かうほどのものではありません。

しかし、同様の反応においても、それがたとえばあなたへの暴力に向かったり、それを示唆するような暴言を吐き始めたなら、それはドメスティック・バイオレンスの兆候かもしれません。

また、実際にあなたに手を挙げ始めたのなら、事態は急を要する段階です。

この兆候が見えたなら、そして、それでも彼氏と幸せになりたいのなら、徹底した対策を即座に取る必要があるのです。兆候が見えた瞬間のあなたの対応が、とても重要です。

たとえば、あなたと彼氏が喧嘩になったとしましょう。互いにヒートアップした瞬間に、彼氏は形相を変えて、暴力的な行動に出るとします。

この瞬間。

あなたは自分が悪かったからと、あやまったり、黙ってうつむいてしまったとします。すると、彼氏のドメスティック・バイオレンスは、その後、高い確率で頻度を増すことになります。

なぜでしょうか。

彼氏はその瞬間、あなたとのコミュニケーションにおいて、暴言を吐いたり暴力的な行動にさえ出れば、あなたの行動や考え方を制圧することができると誤解してしまうのです。
暴言を吐いたり、暴力的な行動をとること自体には、それほどの労力は必要としません。でも、その行動により、あなたのすべてを抑制することができると判断した場合、それは彼にとって便利なツールとして誤認識されてしてしまうことがあるのです。

彼氏がこのような誤認識をしてしまうと、その後のあなたに幸せは訪れません。

なかには、「彼はダメな人だけど、私がいないともっとダメになってしまうから」と、認知的不協和理論的な思考を展開してしまい、ずっと苦労しながら、彼氏に尽くす女性がいらっしゃいます。

でもこれ、絶対にダメです。

あなただけでなく、あなたの子供にまで致命的な悪影響が及ぶリスクさえあるからです。

「え~怖いねぇ。でも、彼氏が暴力的に出た瞬間、私に何ができるの?」

そうですよね。怖いですよね。でも、これだけは、絶対的にしていただきたく思います。たとえば、彼氏が暴言を吐きながら、暴力的な行動に少しでも出たとします。つまり、ドメスティック・バイオレンスの兆候が見えた瞬間です。あなたは即座に、大声で言ってください。

「あなたと別れる!」

これくらいなら、言えますか? でも、まだ続きがあります。

彼氏がどのような言葉で対応しようとも、あなたは即座に荷物をまとめて、家を出ます。また、外でのことであれば、「もう、終わりだから!」といって彼氏とそこで別れましょう。

「え?でも、彼氏と別れたくないよぉ」

大丈夫。そのくらいで別れることになるような関係であるならば、もともとおつき合いの必要はありませんから。でも、時としてこの彼氏とは、別れなければならないかもしれないという覚悟は持っておいてください。ドメスティック・バイオレンスに幸せはありませんから。

ここは非常に重要な局面なので、もう少し詳細に説明しておくことにしましょう。

彼氏が暴言を吐いたり、暴力的な行動に出た瞬間。これがドメスティック・バイオレンスの兆候であることはご理解いただいたことでしょう。そしてその際に、あなたがあやまったりだまってしまった場合、彼氏は自らの行動を誤認識することもわかりましたか?

ドメスティック・バイオレンスの兆候に対するあなたの「ごめんね」は、彼の行動に対する飴として彼が認識します。つまり、あなたの「ごめんね」は、彼氏の暴力的行動を肯定したものと誤認識を与えてしまうわけです。ですから、絶対に飴はダメです。

毅然とした態度で、ムチを与えます。しかもそれは、単なるフリではいけません。全力でムチを振り落ろし、彼氏に対して、それがとても痛いことであることを認識させなければならないのです。

おわかりですか?

あなたは、彼氏があやまってくるまでの間、彼氏から離れます。あなたから彼氏に連絡を取るのは避けてください。しらばくすれば、必ず彼氏は頭を下げてきますから。

彼氏があやまったなら、もう2度と暴力的行動に出ないという約束をさせます。そして、もし次に同様の行動に出たなら、今度こそ彼氏と別れる決意をして、それを彼氏にも伝えます。

手痛いムチを受けた彼氏は、それから以降、あなたに対する行動を改めるはずです。

「それでも暴力が繰り返されたら?」

以下のひとことを彼氏にどうぞ。

「もう無理。後はないよ」

そして、思い切って彼氏とは切れるべきです。それはふたりのために最善の策なのですから。

ドメスティック・バイオレンスは、現在では大きな社会的問題にまで発展してきています。ですから、あなたがいつその被害者になるかもしれないのです。

あなたは、この点については、徹底した意識を持って対応を図るべきです。

そう、あなたがもし、本当に今後も幸せに生きていきたいとお望みなら。

Sponsored Link


Comments are closed.