Date

必ず結婚できるとっても不思議な婚活ブログ

彼氏との結婚を望むあなた、お相手はまだ見つからないけど結婚を急ぎたいあなたに。結婚をするまでの道のりをエスコートする、とっても不思議な魔力を持つブログです。次にバージンロードを歩くのは、あなたです。
Breast Cancer Ribbon

尻に敷くか敷かれるかの選択

posted by:
Nayuta
Sponsored Link


あなたが今後の結婚生活を想定した場合、彼氏とあなたの立ち位置の理想とは、どのようなものでしょうか。この立ち位置の理想は、人によってさまざまです。

たとえばある人は、男性にぐいぐいと引っ張っていってもらいたいと望みます。また、ある人は、自らが主導権を持ち、家庭内のことは自分主導で決定したいと願うかもしれません。

立ち位置に対する願望は、男性側も持っているはずです。亭主関白を望む人もいらっしゃる一方で、すべての権限を妻に譲り、その指示のもと、生きていくことを望まれる方もいるものです。

でもね。実は、あなたがどちらを望む場合でも、あなたはちょっとしたことをするだけで、その願望を具現化することができます。つまり、あなたの理想の立ち位置をそのままに、結婚生活を送ることができるのです。

今回は、その環境を作り出すためのコツについて触れてみることにしましょう。

 

 

とはいえ、この操作は、実はともて簡単です。

あなたがすぐに始めることは、家計簿をつけるということです。あなたはまだ独身であるはずです。家計簿は結婚をしてからと思わず、今すぐに家計簿をつけることです。あなたは家計簿を付け、それに充分に慣れておく必要があります。

「え、結婚してからの立ち位置と、家計簿って関係があるの?」

ええ。あるんです。とってもね。

しかしあなたには、もう一つだけ結婚前にしておいていただきたいことがあります。
それは、結婚から老後に至るまでの詳細なシミュレーションと、そのすべてにかかる経費、ならびに収入の計算です。

結婚後の大まかなイベントは決まっています。たとえば、お子さんはふたりほしいと願うのであれば、出産、幼稚園入園、小学校入学、中学校入学、高校入学、大学進学とおおよそのプロセスを想定することができます。そしてふたりの子供の出産希望年を決めてしまえば、それぞれの子供の進学時期が、いつ到来するかが自ずと決定されます。あなたは、人生の未来年表を作成し、それを、かかるであろうコストとともに書き込みます。
また、いつまでに家がほしいとか、車がほしいとお望みなら、それも、年表にコストとともに記載していきます。他の支出も同様です。

楽しい作業です。どうぞあれこれと調べながら、詳細な未来年表を作成してみて下さい。

さて、結婚が近づくと、あなたと彼氏は、甘い夜を楽しむ以外にも、結婚後についてのさまざまなことを語るようになることでしょう。

すると、彼氏からのこんな言葉を耳にするかもしれません。

「君と結婚できるのはうれしいけど、でも、俺って家族を養っていくことができるんだろうか?」

こんなご時世です。彼氏がこのような不安を見せることは必ずあることでしょう。あなたはこのタイミングを逃してはなりません。

「大丈夫。実は私ね、あなたと私、そして私たちの子供についての未来年表を作ったんだ」

あなたは作成した未来年表を彼氏に見せ、そしてふたりの未来について語ります。

「へ~。すごいね。これ全部君が作ったの?」
「うん。ずっと幸せでいたいものね」
「でも、この値だと、ちょっと足りない感じもするけど」
「そうだね。でも大丈夫。大変な時は、私も働くから」
「・・・・」
「それにね。私、ずっとこんなのもつけてるんだよ」

あなたはこれまでつけた家計簿を彼氏に見せます。そこには、日々の支出が詳細に記されています。

「へぇ。きちんとつけてるんだ。すごいなぁ」
「でしょ。大丈夫だよ。大変な時もあるかもしれなけど、私頑張るから。幸せになろうね」

さて、これで仕込みは完了です。これで立ち位置はあなたのお望み通りとなります。解説を続けます。

男性は、実は妻となる人が、金銭感覚に長けているか否か、浪費癖があるか否かを、非常に重要なポイントと考えています。妻に浪費癖があったり金銭感覚が弱い場合、それはそのまま家庭崩壊へとつながるリスクがあるからです。
また、その一方で、実は、家庭内の数字については、あれこれ介入したくないという思いも、男性は持っています。なぜなら、仕事に集中したいと考えている時期であり、面倒な家庭のことは、できれば妻にまかせたいと考えているからです。

ですから、あなたのこれらのアプローチは、高い確率で彼氏を安堵させます。そして、家庭内の金銭管理については、すべてあなたに任せようと思ってくれるはずなのです。

「ふーん。そうなんだ。でもこれ、立ち位置と関係あるお話?」

ええ。

実は、彼氏が家庭内経理の全権をあなたにあずけた段階で、立ち位置をどちらにするかは、すべてあなたの自由になります。

「どういうこと?」

たとえば、あなたがリーダーとなり、家計のみならず、家庭内の全権を掌握したいのであれば、とりたてて他に行うことはありません。家計を掌握してしまうと、自ずとその人が全権を掌握することになるからです。
なぜならその後、夫はなにかを購入したいと思う度に、あなたの承認を得なければならないわけであり、その決定権はすべてあなたが握ることになるからです。

また、あなたが亭主関白の夫を望むのであれば、家庭内経理を掌握しながら、要所要所で夫を建ててあげればことがたります。
つまり、経理は掌握するものの、一歩さがり、常に夫についていく妻を演出をすれば良いのです。実は、できる女性の多くは、このパターンで幸せな結婚生活を送ります。
夫はいいます。
「うちは亭主関白だから。なぁ」
「はい」とあなた。
でも、すべてを把握し制御しているのはあなたです。夫は家庭内の経済動向を把握していません。働くことこそが、自分の責務と考えているからです。そしてあなたはいいます。
「毎日お仕事、ご苦労様です」
夫は幸せで、そしてあなたも幸せであり続けることができます。しかも子供は、強い父を尊敬して育つことでしょう。夫婦円満とはこのことですよね。

いかがですか。彼氏との結婚が近づいてきたならば、そろそろ始めてみませんか。この戦略。

Sponsored Link


Comments are closed.